自己紹介

2006年1月1日更新。

「メモリープレイス」店主のエミーです。(本名・久米英美子)

スクラップブッキング・ファンのコミュニティ「大好き!スクラップブッキング」を開設した2002年5月10日に
一度自己紹介を書いたのですが、それからもう結構長いこと(?)たつので書き直しました。
と2004年1月に
書いたのですが、更にそれから色々あったので、更新しました。青い文字が2005年5月20日に追加した文です。


アメリカ、カリフォルニア州に夫と12歳の娘の3人で住んでいます。1981年にアメリカに初めて留学生
として来ました。その後一旦、日本に1年半帰りましたが、また結局アメリカへ戻り、その後はずっとこちらです。

San Jose State Universityで経営学専攻、会計学concentrationで、B.S. degree(日本の4年大卒業にあたります)
を取得後、長いこと、シリコンバレーのハイテク企業で会計の仕事をしてきました。2003年10月まで勤めて
ましたが、同年11月からついに「メモリープレイス」を本業にしました。

アートクラフト全然関係ない生活だったのですが、娘が生まれてから、スクラップブッキングを知り、近所の
アメリカ人主婦仲間と定期的に集まって、スクラップブッキングを楽しんだり、ワークショップやコンベンションに
通ううちに、スクラップブッキング仲間を日本でも作りたい!一緒に楽しみたい!と思うようになりました。
ところが、日本の妹や友人に聞いてみたところ、スクラップブッキングについては誰も知らない!やったことが
ない!という状況。仲間作りどころではない、まず知ってもらわなくては!というわけで、2002年5月にこの
サイトを作りました。

また、やり方がわかっても、道具や材料が無ければできないので、オンラインショップも作ろう、と思い、
2002年10月1日にオンラインショップ「メモリープレイス 」をオープンしました。日本での連絡先として
私の妹、落合裕美にも手伝ってもらってます。

そして、2004年2月には、日本初のスクラップブッキング書籍「大好き!スクラップブッキング」
を学陽書房から出版できることとなりました。発売後、おかげさまでこの本は増刷を重ね、1年以内に
第5版まで出ました。買ってくださった皆さん、本当にありがとうございます。

アメリカのスクラップブッキング専門雑誌にも投稿を試みたことがあり、Ivy Cottage Creations誌、2003年9月号
作品が掲載されました。(タイトル・ジャーナルは英語で書きました。)今年はもっと投稿してみようと思ってます。

↑と、ずっと前に書いたのですが、そういう時間が全然なくなってしまいました。(^^;
なぜかというと、日本でスクラップブッキングの専門雑誌「Love My Memories〜ラブメモ」を立ち上げたからです!

発行はメモリーパレットカンパニー(Memory Palette Company)、創刊号を2005年2月に発行しました。
まだお持ちでない方は、今すぐ「Love My Memories〜ラブメモ」サイトへ行ってみてくださいね!

更に、雑誌「ラブメモ」と連動して、スクラップブッキングの専門イベント「ラブメモ・スクラップブック・エキスポ
(ラブメモSBX)」も開催しています。第1回は2004年8月に秋葉原で、第2回は、2005年3月に横浜で開催。
当日は、日本の主要スクラップブッキング関連会社の展示・即売会、大クロップパーティなどを開催し、日本
全国からスクラッパーが集りました。次回のラブメモSBXは2005年11月の予定です。
「Love My Memories〜ラブメモ」サイトで随時、情報更新していますので、時々チェックしてみてください

というわけで、毎年3−5回のペースで日本へ行き、スクラップブッキングのイベント・講習会を開催してますので、
機会がありましたら、是非ご一緒くださいね!


2005年5月20日

------------------------------------------

2006年1月1日追記。

2005年11月号より愛犬マガジン月刊誌「DOG FAN」(誠文堂新光社)で、
スクラップブッキングについての連載を開始しました。

2005年12月2日に
わたし時間  30分で1ページ!誰でも簡単思い出アルバム作り
「はじめようスクラップブッキング」
を誠文堂新光社より出版しました。
情報ページは下記です。
http://www.memory-place.com/book2.htm

メモリープレイス

Copyright © 2002-2006 by Emiko Kume, Memory Place

メモリープレイス「大好き!スクラップブッキング」HPへ戻る
メールはこちらへどうぞ